共有結合結晶(読み)きょうゆうけつごうけっしょう(英語表記)covalent bond crystal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共有結合結晶
きょうゆうけつごうけっしょう
covalent bond crystal

原子が互いにそのもっている電子を出し合い共有することによって凝集している結晶。この結合を共有結合という。周期表の 14族に属する元素である炭素,ケイ素,ゲルマニウムなどのつくる結晶が代表例であり,ダイヤモンド型構造と呼ばれる結晶構造をもつ。この種の結晶には,ダイヤモンドのように結晶が硬く,融点,沸点がきわめて高く,導電率の低いものもあるが,ケイ素やゲルマニウムなどのように顕著な半導体としての性質を示すものもある。炭化ケイ素 SiCのように種類の異なる原子の化合物も共有結合結晶である。 13族元素と 15族元素の結晶であるヒ化ガリウム GaAs,インジウム・アンチモン InSbなどの結合は共有結合性とイオン結合性をあわせもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共有結合結晶の関連情報