コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共有結合結晶 きょうゆうけつごうけっしょうcovalent bond crystal

2件 の用語解説(共有結合結晶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共有結合結晶
きょうゆうけつごうけっしょう
covalent bond crystal

原子が互いにそのもっている電子を出し合い共有することによって凝集している結晶。この結合を共有結合という。周期表の 14族に属する元素である炭素,ケイ素ゲルマニウムなどのつくる結晶が代表例であり,ダイヤモンド型構造呼ばれる結晶構造をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうゆうけつごう‐けっしょう〔キヨウイウケツガフケツシヤウ〕【共有結合結晶】

原子間の共有結合によって形成される結晶。極めて硬く、融点が高く、化学的に安定な性質をもつ。ダイヤモンド炭化珪素が知られる。共有結晶

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone