コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共沸 きょうふつazeotropy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共沸
きょうふつ
azeotropy

混合液体を蒸留するとき,ある一定温度溶液組成蒸気の組成とが一致し,留出物と残留物の組成が同じものとなる現象のこと。沸点はそこで極大または極小を示す。したがって共沸する組成の混合液体は蒸留によって純粋成分に分けることはできない。たとえばエチルアルコールと水は,エチルアルコール 95.57重量%で沸点は 78.15℃となり,留出液と残留液の組成は同じものとなる。一般に市販のエチルアルコールがこの組成になっているのは共沸のためである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ふつ【共沸】

混合溶液を蒸留するとき、一定の圧力で一定の沸点を示し、そのとき発生する蒸気と溶液の組成が等しくなる現象。化合物と異なり、圧力を変えると組成は変化する。アゼオトロープ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

共沸【きょうふつ】

数種の液体成分からなるある種の溶液を蒸留するとき,ある一定温度,一定組成の点で溶液の組成と蒸気の組成が等しくなり,沸点がそこで最高または最低となって一定する現象。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうふつ【共沸】

一定の圧力のもとで、液体の混合物を蒸留するとき、ある温度・組成のところで発生する蒸気と液体混合物の組成が等しくなる現象。このとき、沸点は純物質のように一定の温度を示す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の共沸の言及

【共沸混合物】より

…一般に,溶液を蒸留するとその蒸気組成は元の組成よりずれて一方の成分に富むようになるので,溶液の組成はしだいに他成分のほうにずれ,それに応じて沸点も連続的に変化していく。しかし,特定の組成をもったある種の溶液では蒸気の組成と溶液の組成とが同じになり,組成変化することなく一定温度(共沸点という)で沸騰し,あたかも純粋液体のごとく振る舞う。この現象を共沸azeotropy(ギリシア語の〈沸点を変えない〉に由来)と呼び,その組成の溶液を共沸混合物(アゼオトロープ)という。…

※「共沸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

共沸の関連キーワードフッ化水素酸(弗化水素酸)イソプロピルアルコールテトラヒドロフランシドニー ヤング無水アルコールフッ化水素酸ヨウ化水素エタノール共沸混合物臭化水素酸ジオキサンピリジン共沸蒸留臭化水素抽出蒸留無水物純物質沸点図塩酸硝酸

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android