コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共鳴エネルギー

世界大百科事典内の共鳴エネルギーの言及

【共鳴】より

…すなわち2種のケクレ構造の間に共鳴を考えると,EE1だけ安定になるわけで,もっとも安定な状態にあるはずの実際の分子により近づいたことになる。このエネルギー差EE1のことを共鳴エネルギーと呼ぶ。ケクレ構造を3個のC-C結合,3個のC=C結合および6個のC-H結合に分けて,それぞれの結合エネルギーの和を計算すると約5344kJ・mol-1になる。…

※「共鳴エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

共鳴エネルギーの関連キーワード共鳴トンネル効果フェナントレン複素環式化合物共役二重結合チオフェン芳香族性ピロールフラン共鳴

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共鳴エネルギーの関連情報