コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

π電子 パイでんしπ-electron

5件 の用語解説(π電子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

π電子
パイでんし
π-electron

π結合をつくっている電子。二重結合の一方は σ 結合,もう一方はπ結合であるが,特に共役二重結合の場合,π軌道は分子全体に広がり,π電子は1つの原子上にとどまらず,分子全体に非局在化して結合エネルギーを大きくして分子を安定させる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

パイでんし【π電子】

分子の中で、結合軸上になく、軸を含む平面に節をもつ波動関数によって表される分子軌道に属する電子。

π電子

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

π電子
ぱいでんし
π-electron

π結合を形成している電子の名称。原子核を取り巻く電子には、主量子数nに対して1、2、3、……のように数字、副量子数lの0、1、2、3、……に対してs、p、d、f、……の名称がつけられている。電子2個が化学結合をつくるとき、s電子どうし、sとp電子が関与するものをσ(シグマ)結合、結合軸をx軸にとるとき、py‐py電子、pz‐pz電子が結合した場合をπ結合という。このときのp電子をπ電子という。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のπ電子の言及

【化学結合】より

…最後に残ったp軌道は六角形の面を節面として図4のように配列され,両隣のp軌道と結合をつくる。このように節面のある結合はπ結合と呼ばれ,そこにいる電子をπ電子と呼ぶ。p軌道には1個の電子しかないので,結合が電子対から成るという考え方では図4のエチレンの場合はよいがベンゼンのように両隣がある場合には考えにくい。…

※「π電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone