π電子(読み)パイでんし(英語表記)π-electron

  • π electron
  • π電子/パイ電子

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

π結合をつくっている電子二重結合一方σ 結合,もう一方はπ結合であるが,特に共役二重結合の場合,π軌道分子全体に広がり,π電子は1つの原子上にとどまらず,分子全体に非局在化して結合エネルギーを大きくして分子を安定させる。これを非局在結合と呼ぶ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

π結合を形成している電子の名称。原子核を取り巻く電子には、主量子数nに対して1、2、3、……のように数字、副量子数lの0、1、2、3、……に対してs、p、d、f、……の名称がつけられている。電子2個が化学結合をつくるとき、s電子どうし、sとp電子が関与するものをσ(シグマ)結合、結合軸をx軸にとるとき、py‐py電子、pz‐pz電子が結合した場合をπ結合という。このときのp電子をπ電子という。

[下沢 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

2原子の結合軸のまわりの角運動量成分の量子数が1の軌道に属する電子.s,pなどの原子軌道からつくられる分子軌道の形は,結合軸に関して対称となり,軸のまわりの角運動量成分が0,1などにより,それぞれσ,πなどの記号によって分類する.この場合,π軌道は,結合軸に垂直なp原子軌道どうしの重なりにより生じる.π軌道に属する電子をπ電子という.π軌道を形成するp原子軌道をもった多くの原子が,鎖状または環状の分子をつくるときは,π電子はπ軌道を通して原子から原子へと動くことができる.この意味でπ電子は可動電子ともよばれる.[別用語参照]π結合π電子の理論

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のπ電子の言及

【化学結合】より

…最後に残ったp軌道は六角形の面を節面として図4のように配列され,両隣のp軌道と結合をつくる。このように節面のある結合はπ結合と呼ばれ,そこにいる電子をπ電子と呼ぶ。p軌道には1個の電子しかないので,結合が電子対から成るという考え方では図4のエチレンの場合はよいがベンゼンのように両隣がある場合には考えにくい。…

※「π電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android