兼日(読み)ケンジツ

デジタル大辞泉の解説

けん‐じつ【兼日】

《「兼ねての日」を音読みにした語》
きまった期日より前の日。また、それ以前の時。
「―ヨリ申スコトデゴザル」〈日葡
《「兼日題」の略》歌会・句会などで、あらかじめ出しておく題。また、その題で作っておく歌や句。兼題。⇔当座

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんじつ【兼日】

〔「兼ねての日」の音読み〕 期日より前の日。あらかじめ。日頃。 「 -ヨリ申スコトデゴザル/日葡」
〔「兼日題」の略〕 あらかじめ題が示されている歌会。また、その題で歌を詠み、準備しておくこと。兼題。 ⇔ 当座 「 -の会には、みな歌を懐中にして/無名抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼日の関連情報