コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼重寛九郎 かねしげ かんくろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼重寛九郎 かねしげ-かんくろう

1899-1989 昭和時代の機械工学者。
明治32年4月5日生まれ。昭和17年母校東京帝大の教授となり,のち東大生産技術研究所所長。30年から航空技術研究所(現航空宇宙技術研究所)の初代所長をつとめた。熱工学,水力機械の研究で知られる。茅(かや)誠司らと日本学術会議の創設に参画し,33年会長に就任。宇宙開発審議会会長。44年文化功労者。平成元年6月5日死去。90歳。大阪出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼重寛九郎
かねしげかんくろう
(1899―1989)

機械工学者、科学技術行政家。大阪市生まれ。山口県出身。1923年(大正12)東京帝国大学工学部機械工学科を卒業し、鐘紡(かねぼう)(のちカネボウ)勤務を経て、1925年母校の助教授となり水力学を専攻。1938年(昭和13)軸流水車の速度特性の研究で学位を取得。1942年同大学教授、1951~1954年(昭和26~29)生産技術研究所長、1951~1952年日本機械学会長、1955年航空技術研究所長、1960年東京大学を定年退職し名誉教授となった。第二次世界大戦後GHQにより学術体制刷新委員会がつくられ、1948年同委員長に選ばれ、日本学術会議の創設に尽力、1958~1960年同会議会長、1965年から9年間科学技術会議会員のほか、多くの科学技術行政に活躍した。1969年機械工学の研究により文化功労者となった。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

兼重寛九郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android