コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼重寛九郎 かねしげ かんくろう

2件 の用語解説(兼重寛九郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼重寛九郎 かねしげ-かんくろう

1899-1989 昭和時代の機械工学者。
明治32年4月5日生まれ。昭和17年母校東京帝大の教授となり,のち東大生産技術研究所所長。30年から航空技術研究所(現航空宇宙技術研究所)の初代所長をつとめた。熱工学,水力機械の研究で知られる。茅(かや)誠司らと日本学術会議の創設に参画し,33年会長に就任。宇宙開発審議会会長。44年文化功労者。平成元年6月5日死去。90歳。大阪出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼重寛九郎
かねしげかんくろう
(1899―1989)

機械工学者、科学技術行政家。大阪市生まれ。山口県出身。1923年(大正12)東京帝国大学工学部機械工学科を卒業し、鐘紡(かねぼう)(のちカネボウ)勤務を経て、1925年母校の助教授となり水力学を専攻。1938年(昭和13)軸流水車の速度特性の研究で学位を取得。1942年同大学教授、1951~1954年(昭和26~29)生産技術研究所長、1951~1952年日本機械学会長、1955年航空技術研究所長、1960年東京大学を定年退職し名誉教授となった。第二次世界大戦後GHQにより学術体制刷新委員会がつくられ、1948年同委員長に選ばれ、日本学術会議の創設に尽力、1958~1960年同会議会長、1965年から9年間科学技術会議会員のほか、多くの科学技術行政に活躍した。1969年機械工学の研究により文化功労者となった。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼重寛九郎の関連キーワード青木保(1)大越諄小門専治関口八重吉西原利夫丹羽重光野口尚一藤野準山県清吉沢武男

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone