コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内原訓練所 うちはらくんれんしょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内原訓練所
うちはらくんれんじょ

満州(中国東北部)農業移民の訓練所。とくに満蒙(まんもう)開拓青少年義勇軍を訓練した。1938年(昭和13)茨城県東茨城郡下中妻村内原(現水戸(みと)市)に設立。所長は加藤完治(かんじ)。17歳前後の高等小学校卒業の少年を3か月間、「皇国精神」「武道」「農業」を中心に訓練し、満州へ送り出した。38年以降45年までその送出者数は8万6530名に達し、その多くは、敗戦直前のソ連参戦のなか満州で戦死した。[小林英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内原訓練所の言及

【内原[町]】より

…人口1万4928(1995)。第2次世界大戦前に満蒙開拓青少年義勇軍の内原訓練所や満蒙開拓鉱工幹部訓練所が置かれ,満蒙開拓のメッカとして知られた。戦後も農林水産省農業技術研修館,国際農業研修センターや鯉淵学園など農業関連の研修機関が多い。…

【加藤完治】より

…農民指導者。旧平戸藩士の長男で東京市生れ。東大工学部に入学したが,のち農学部に編入。1911年卒業後帝国農会や内務省に勤め,人生問題に悩んで農民と生きる決意をし,農本主義者山崎延吉が校長であった愛知県立安城農林学校に赴任。15年山形県立自治講習所の初代所長に転じ,独自の教育方法で中堅人物を養成した。欧米に出張の後,石黒忠篤らのすすめで26年茨城県友部町に日本国民高等学校を創立,校長となり,超国家主義者筧克彦の古神道による農本主義思想を教育した。…

【満蒙開拓】より

…さらに転廃業で職を失った都市商工業者などの帰農移民も見られた。これら多数の移民の訓練のため,茨城県の内原訓練所(1939年1月加藤完治に委託して開設)をはじめ各県や現地に多くの訓練施設がつくられ,送出・受入機関として満州移住協会,満州拓殖会社(のち公社)が設立された。 開拓団は満州国内でも抗日ゲリラの遊撃地周辺やソ連国境付近に重点的に配置された。…

※「内原訓練所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内原訓練所の関連キーワード内原[町]小林英夫

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android