コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加藤完治 かとうかんじ

4件 の用語解説(加藤完治の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

加藤完治【かとうかんじ】

戦前の代表的な農本主義指導者。東京生れ。東大農学部卒後,内務省を経て,農本主義者山崎延吉が校長を務める愛知県立安城農村学校に赴任。1915年以後山形県自治講習所長として独特な農村幹部教育を始めた。
→関連項目農本主義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

加藤完治 かとう-かんじ

1884-1967 大正-昭和時代の農本主義者,教育者。
明治17年1月22日生まれ。大正15年日本国民高等学校を創設。筧克彦(かけい-かつひこ)の古神道理論にもとづく独特の農本主義で農民の子弟を教育した。満州事変後は満州移民を推進,満蒙開拓青少年義勇軍中央訓練所所長となる。昭和28年日本高等国民学校(戦後に改称)校長に復職。昭和42年3月30日死去。83歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

かとうかんじ【加藤完治】

1884‐1967(明治17‐昭和42)
農民指導者。旧平戸藩士の長男で東京市生れ。東大工学部に入学したが,のち農学部に編入。1911年卒業後帝国農会や内務省に勤め,人生問題に悩んで農民と生きる決意をし,農本主義者山崎延吉が校長であった愛知県立安城農林学校に赴任。15年山形県立自治講習所の初代所長に転じ,独自の教育方法で中堅人物を養成した。欧米に出張の後,石黒忠篤らのすすめで26年茨城県友部町に日本国民高等学校を創立,校長となり,超国家主義者筧克彦の古神道による農本主義思想を教育した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加藤完治
かとうかんじ
(1884―1967)

農本主義者で農民教育および満州開拓移民の指導者。東京生まれ。1911年(明治44)東京帝国大学農学部卒業。内務省地方局勤務ののち、1913年(大正2)愛知県安城農林学校教師。1915年創設された山形県自治講習所の初代校長に就任し、筧克彦(かけいかつひこ)流の古神道理論に基づき農民子弟の教育にあたった。ついで1926年茨城県友部(笠間(かさま)市)に農村中心人物の養成指導を目的とする日本国民高等学校が創立されると、その校長となった。満州事変後は関東軍の東宮鉄男(とうみやかねお)大尉と結び満州移民を推進した。1938年(昭和13)満蒙(まんもう)開拓青少年義勇軍制度が発足し茨城県内原(うちはら)(水戸(みと)市)に中央訓練所が設立されると、その所長をも務めた。戦後は公職追放処分を受けるが、解除後、私塾的な日本高等国民学校の校長に復職、また旧満州開拓関係団体の役員を務めた。[北河賢三]
『加藤完治全集刊行委員会編・刊『加藤完治全集 第一巻』(1967) ▽上笙一郎著『満蒙開拓青少年義勇軍』(1973・中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤完治の関連キーワード石原キク佐々木隆里見虎蔵田中嘉三手代木隆吉古荘四郎彦宮城新昌吉田マツ渡辺節渡辺寛

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

加藤完治の関連情報