コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満蒙開拓青少年義勇軍 まんもうかいたくせいしょうねんぎゆうぐん

百科事典マイペディアの解説

満蒙開拓青少年義勇軍【まんもうかいたくせいしょうねんぎゆうぐん】

1938年拓務省立案の満州開拓青年義勇隊の別名。茨城県の内原訓練所で2ヵ月,満州で3年間訓練された開拓団で,警備隊も編制して軍事的性格をもつ。国民精神総動員運動の一翼をになった。
→関連項目加藤完治

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

満蒙開拓青少年義勇軍

満州への移民は満州事変直後の1932年に始まり、36年に国策化された。だが成人男性が軍に動員されたため、38年に満蒙開拓青少年義勇軍が設立された。数え年16~19歳の少年が対象で、満州移住協会発行の雑誌「開拓」43年5月号によると、県内では同年3月末までに1396人(全国では約8万人)が渡った。 45年8月のソ連軍侵攻後、駐留していた関東軍に置き去りにされた開拓民はソ連軍や中国人に殺されたり集団自決したりした。また、そのまま中国に取り残された孤児や女性もいた。 十和田市の元小学教諭伊藤一允さん(81)は88年に県歴史教育者協議会で県内の義勇軍参加状況を調べ、教師の勧誘が重要な役割を果たしたとした。一方、行政文書が戦後処分されたことなどを挙げ、「県内の義勇軍の全容を明らかにすることは困難だ」と話す。

(2015-01-04 朝日新聞 朝刊 青森全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典内の満蒙開拓青少年義勇軍の言及

【加藤完治】より

…欧米に出張の後,石黒忠篤らのすすめで26年茨城県友部町に日本国民高等学校を創立,校長となり,超国家主義者筧克彦の古神道による農本主義思想を教育した。満州事変勃発後の32年からは中国侵略に伴う満蒙開拓の移民に力を注ぎ,38年満蒙開拓青少年義勇軍発足とともにその中央訓練所(同県東茨城郡内原町)の所長を兼ね,約22万人を派遣した。戦後は追放解除後,46年に福島県に入植,白河報徳開拓農協組合長となり,辞職後日本高等国民学校(日本国民高等学校を改称)の校長に復帰した。…

【満蒙開拓】より

…とくに日中戦争期には,一つの村の人口を組織的に分割し,1戸当りの耕地を増大させて母村の更生を図る分村移民制度が強力に奨励された。しかし戦時体制への移行は多方面に労働力を必要として成人移民を困難にしたため,数え年16~19歳の少年による満蒙開拓青少年義勇軍の送出が行われ,戦争末期にはこれが移民の主力となった。さらに転廃業で職を失った都市商工業者などの帰農移民も見られた。…

※「満蒙開拓青少年義勇軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

満蒙開拓青少年義勇軍の関連キーワード茨城県水戸市内原町旧満州への移民政策満州開拓団と島根県満州開拓移民内原[町]東宮 鉄男大陸の花嫁菅原幸助満州開拓加藤弘造満州国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

満蒙開拓青少年義勇軍の関連情報