コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

拓務省 たくむしょう

6件 の用語解説(拓務省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拓務省
たくむしょう

1929年,植民地統治事務,海外移植民行政事務を統轄するために設置された中央官庁。 1896年に台湾事務局関係事務と北海道拓殖事務を統轄する機関として拓殖務省が設置されたが,1年余ののちに廃省となり,その後南樺太,朝鮮の併合,関東州の租借,南洋委任統治などの植民地行政拡大に伴い,1910年以後,拓殖局,22年以後拓殖事務局,24年以後,内閣拓殖局がそれぞれ設置されて統轄機関となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たくむ‐しょう〔‐シヤウ〕【拓務省】

旧内閣各省の一。日本の植民地行政を統轄した中央官庁。昭和4年(1929)に設置され、昭和17年(1942)、大東亜省の設置に伴い廃止された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

拓務省【たくむしょう】

日本の植民地行政に関する旧中央官庁。1896年に先進諸国にならい植民地に関する独立の一省として拓殖務省が設けられたが翌年廃止。1929年行政制度審議会の決定により1部3局の省として拓務省が設置され,植民地行政・開発・移民などを統轄。
→関連項目内原訓練所満蒙開拓青少年義勇軍

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たくむしょう【拓務省】

日本の植民地統治に関する事務を統括した政府中央機関。植民地行政に関する中央官庁は,日清講和条約により台湾が日本の領土となった直後の1895年6月,台湾事務局が内閣に置かれたのに始まる。その後,先進国にならって植民地に関する独立の一省として拓殖務省(1896‐97)や内閣拓殖局(1910‐13,1917‐22)などが断続的には設置されてきた。1927年11月,朝鮮,台湾,樺太,関東州,南満州鉄道(満鉄)などの植民地行政の一元化を図るため独立の一省を設けるべく,田中義一内閣は拓殖省設置準備委員会を設け,29年の第56回帝国議会で拓殖省所管予算を通過させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たくむしょう【拓務省】

戦前の内閣の一省。朝鮮総督府・台湾総督府など植民地の事務や海外拓殖事業に関する事務をつかさどった。1929年(昭和4)に創設、42年大東亜省に編入。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

拓務省
たくむしょう

戦前、日本の植民地行政を統理した中央官庁。植民地行政は、日清(にっしん)戦争後に設置された台湾事務局以来めまぐるしく変化してきたが、植民地の増大、事務の拡大に対応して、1929年(昭和4)6月10日設置された。政府は1927年拓殖省設置準備委員会を設け、2年後の第56議会で予算を通過させ、名称を拓務省と変更して6月に官制を公布した。拓務大臣は朝鮮総督府、台湾総督府、関東庁、樺太(からふと)庁、南洋庁に関する事務を統理し、南満州鉄道株式会社、東洋拓殖株式会社の業務を監督する権限をもち、また移植民、海外拓殖事業に関する事務も管理した。拓務大臣の朝鮮総督府監督権については、当初から問題となったため、田中義一(ぎいち)首相兼拓相は他地域と同様であると声明した。満州事変後、対満行政機関調整が課題となり、34年12月首相の指揮監督下に対満事務局が設けられ、関東庁、満鉄などに関する権限は同局に移された。さらに太平洋戦争の進行に伴い、42年11月1日付けで大東亜省が設置され、拓務省は対満事務局、興亜院とともに廃止された。朝鮮総督府、台湾総督府、樺太庁の業務は内務省へ、南洋庁の業務と職員の多くは大東亜省へ移った。[君島和彦]
『戦前期官僚制研究会編、秦郁彦著『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』(1981・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

拓務省の関連キーワード戦争文学大恐慌世界大恐慌大恐慌アナール学派田中義一内閣東欧演劇ウィーン幻想派クウィッデフーバー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone