コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内原 うちはら

2件 の用語解説(内原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内原
うちはら

茨城県中部,水戸市西部の旧町域。 1955年中妻村,下中妻村,鯉淵村の3村が合体して内原村となり,1965年町制。 2005年水戸市に編入。第2次世界大戦中は満蒙開拓青少年義勇軍を組織した内原訓練所が置かれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内原
うちはら

茨城県中央部、東茨城郡にあった旧町名(内原町(まち))。現在は水戸(みと)市の南西部を占める地域。旧内原町は1965年(昭和40)町制施行。2005年(平成17)水戸市に編入。旧町域はJR常磐(じょうばん)線内原駅と駅前商店街が中心地。かつて満蒙(まんもう)開拓青少年義勇軍訓練所の所在地として知られ、鯉淵(こいぶち)地区の跡地には記念碑と宿舎を復原した日輪兵舎があり、内原郷土史義勇軍資料館で関係資料を展示している。国道50号が走る。北部に低い山地があるほかは広大な東茨城台地と、涸沼前川(ひぬままえかわ)の低地である。農業が主で、米作が多く、かつては桑園と養蚕が盛んであった。葉タバコとクリ、ナシ、ブドウの産があり、納豆、みその製造も行われている。農民の父といわれた加藤完治(かんじ)の日本国民高等学校(1935年友部(ともべ)町より移転)は現在、日本農業実践学園となり、また全国農業会高等農事講習所を前身とする鯉淵学園、農林水産省の農林水産研修所つくば館水戸ほ場などがあり、農業教育の中心地である。子供の虫切りの神として信仰される有賀神社(ありがじんじゃ)がある。鯉淵の中崎家住宅は国指定重要文化財。[櫻井明俊]
『館三省編『内原の歴史』(1973・内原町教育委員会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内原の関連キーワード茨城県水戸市上水戸茨城県水戸市小吹町茨城県水戸市三の丸茨城県水戸市千波町茨城県水戸市西大野茨城県水戸市西原茨城県水戸市見川茨城県水戸市緑町茨城県水戸市宮町茨城県水戸市吉田

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内原の関連情報