コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内反肘 ないはんちゅうcubitus varus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内反肘
ないはんちゅう
cubitus varus

上腕軸と前腕軸が肘関節で一直線にならず,内方 (尺側) に開いた角をなすものをいう。肘関節は生理的には軽い外反であり,内反肘はすべて病的なものとみなされる。原因はほとんどが外傷によるもので,特に小児期の上腕骨内側顆骨折後に生じることが多い。上腕骨の滑車などの形成不全によることもまれにある。上腕骨の骨切り術によって内反を矯正する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家庭医学館の解説

ないはんちゅう【内反肘 Cubitus Varus(Deformity)】

[どんな病気か]
 腕をまっすぐに伸ばしたとき、肘(ひじ)のところから小指側(内側)に弯曲(わんきょく)している変形を、内反肘といいます(「内反肘/外反肘」)。
 ほとんどは、上腕骨(じょうわんこつ)の下端(肘)での骨折(顆上骨折(かじょうこっせつ)、通顆骨折(つうかこっせつ))の後遺症です。骨折の整復が不完全なときや、骨折が骨の成長していく部分である成長線(骨端線(こったんせん))にかかったときに、おこりやすいものです。
[症状]
 変形は、肘を曲げたときにはあまりはっきりしませんが、手のひらを上にして、肘を完全に伸ばすとはっきりします。
 軽い変形では、日常生活に支障をきたすことはありませんが、変形が強くなると、美容上の問題とともに、肘の曲げ伸ばしが完全にできなくなることがあります。
[治療]
 弯曲の角度が20度以上で生活に支障があるとき、また美容上、本人が希望すれば手術を行ないます。手術は、骨折後1年以上たってから行ないます。
 手術は、上腕骨の肘の部分で変形を矯正するように骨を切って(骨切り術)、鋼線やねじ釘(くぎ)で固定する方法がとられます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

内反肘の関連キーワード子どもの運動器の病気を見つける手がかり関節手術のいろいろ上腕骨顆上骨折内反肘/外反肘上腕骨骨折外反肘

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内反肘の関連情報