内廷費(読み)ナイテイヒ

百科事典マイペディアの解説

内廷費【ないていひ】

皇室費の一種。天皇および皇族(独立宮家は除く)の日常費,その他諸経費として国庫から毎年支出。御手元金となり宮内庁の経理に属する公金ではない。
→関連項目宮中三殿宮廷費

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ないていひ【内廷費】

皇室費の一種。御手元金おてもときんとして、天皇をはじめ内廷の皇族の日常生活費その他にあてられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内廷費の言及

【皇室】より

…また,皇室財政の民主化を目的として,憲法は皇室財産をすべて国有化するとともに,皇室費用はすべて予算に計上することによって国会の統制を認めた(88条)。皇室財政に関する基本法である〈皇室経済法〉(1947公布)は,皇室費用を,公金として宮内庁が経理し儀式費などにあてられる宮廷費,天皇,皇太子など内廷にある皇族の日常費用などにあてられる内廷費,皇族の品位保持などにあてられる皇族費に区分している。そして,再度皇室に財産が蓄積されたり,特定者と皇室が経済的に結合することを防止するために,憲法は皇室の財産授受を国会による統制の下においており(8条),その詳細については皇室経済法が規定している。…

※「内廷費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内廷費の関連情報