コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内教 ナイキョウ

大辞林 第三版の解説

ないきょう【内教】

仏教以外の教えに対して、仏教のこと。内道。 ⇔ 外教げきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の内教の言及

【外道】より

…サンスクリットの原語は(anya‐)tīrthakaであって,(その宗教より)以外の宗教およびその信者,すなわち異教,異教徒を意味している。外道に対して,仏教はみずからを内道(ないどう),内教,内法などと言う。しかし,仏典中に用いられた外道の意味は必ずしも前述のように広くはなく,主として,古代インドにおけるものを指しており,六師外道,九十五種外道などすべてインドの外道である。…

※「内教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内教の関連キーワードインストラクショナルデザインブールジュの国事詔書アーモリー・ショーモバイルラーニング企業内教育・訓練マンパワー政策独立業務請負人eラーニング前原悠一郎技能労働者企業内教育吉川之経長野女王板坂宗徳赤松則繁大内政弘斯波義敏工業教育教育産業細井平洲

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内教の関連情報