コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷺流 さぎりゅう

5件 の用語解説(鷺流の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷺流
さぎりゅう

狂言の流派。大正以降,中央の能界からは滅びて現存しない。流祖を路阿弥とするが未詳。確かなのは大蔵虎明の『わらんべ草』にみえる 10世鷺仁右衛門宗玄で,彼は豊臣秀吉の不興を買い退けられたが,のち徳川家康に召出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さぎ‐りゅう〔‐リウ〕【×鷺流】

狂言の流派の一。室町初期の路阿弥を流祖と伝え、江戸初期の10世鷺仁右衛門の代に家系・芸系を確立。観世座付きとして幕府に重用されたが、明治末年に廃絶。現在、新潟・山口などに地方芸能として名残をとどめる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鷺流【さぎりゅう】

狂言の流派の一つ。系図によると室町初期からの芸統で路阿弥が初世というが,10世鷺仁右衛門〔1558-1651〕(法名宗玄)を流祖と考えるのが普通。宗玄は徳川家康から観世座(観世流)専属を命じられた。
→関連項目和泉流狂言

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さぎりゅう【鷺流】

狂言の流派の一つ。江戸時代は観世座付で,幕府などに召し抱えられたが,明治時代に廃絶した。室町初期の路阿弥(ろあみ)を流祖とし,その芸系が兎太夫や日吉満五郎,その甥の宇治源右衛門らを経て,9世鷺三之丞まで伝えられてきたと伝承するが確かでなく,観世座付の狂言方として知られた者たちを家系に加えたにすぎないらしい。日吉満五郎は大蔵流和泉流でも芸を伝授したとされており,両流と同じ芸系にあることになる。三之丞の甥鷺仁右衛門宗玄(にえもんそうげん)が1614年(慶長19)に徳川家康の命で観世座付となり,流儀として確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さぎりゅう【鷺流】

狂言の流派の一。江戸時代、シテ方の観世座付きとして活躍したが、明治末期衰滅した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷺流の関連情報