コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内燃力発電 ないねんりょくはつでんinternal combustion power generation

世界大百科事典 第2版の解説

ないねんりょくはつでん【内燃力発電 internal combustion power generation】

ディーゼルエンジン,ガソリンエンジンなど内燃機関を用いて発電機を回転させる方式。内燃機関は通常往復動式を利用しており,その場合シリンダー内で燃料と空気を圧縮し,それを爆発させたときの膨張エネルギーをピストン・クランク機構により回転エネルギーに変換する。内燃機関には4サイクル機関と2サイクル機関とがあるが,発電用には4サイクルで,圧縮比が15程度と高いディーゼルエンジンが一般に用いられる。ディーゼルエンジンの出力は2万kW程度までと比較的小さいが,熱効率は35~45%と高く,構造が簡単で始動停止も容易であることから離島の発電用や非常用電源として広く利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内燃力発電
ないねんりょくはつでん

内燃機関を用いて発電機を回し、電気を発生させる発電方式。種類としては使用燃料によってガス機関発電、ガソリン機関発電、石油機関発電、ディーゼル機関発電の四つに分けられ、ディーゼル機関発電は非常用電源装置、自家用発電設備などに多く用いられている。ガスによる発電設備は都市ガスの供給を受けて都心に設置されるが、そこで冷暖房利用も兼ねて排熱も利用するコ・ジェネレーション(熱電併給)システムは総合効率がよく建設が進んでいる。[道上 勉・嶋田隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内燃力発電の言及

【火力発電】より

…石油,石炭,ガスなど燃料のもつ熱エネルギーを,原動機により機械エネルギーに変え,発電機を回転させて電力を発生させることをいう。火力発電は原動機の種類によりボイラーと蒸気タービンを用いる汽力発電,ディーゼルエンジンなどの内燃機関を用いる内燃力発電,ガスタービンを用いるガスタービン発電,ガスタービンと蒸気タービンの組合せによるコンバインドサイクル発電などに分類される。このうち汽力発電は,熱効率が高く大出力に適するため,事業用火力発電などにもっとも一般的に用いられている。…

※「内燃力発電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内燃力発電の関連キーワード機械器具設置工事(建設業許可の一種)発電(電力)火力発電予備電源

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android