コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内田亨 うちだ とおる

2件 の用語解説(内田亨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内田亨 うちだ-とおる

1897-1981 昭和時代の動物学者。
明治30年8月24日生まれ。昭和7年北海道帝大教授。動物系統分類学の確立につとめたほか,両生類の性転換なども研究。随筆などの著作もおおい。36年動物分類学会会長。昭和56年10月27日死去。84歳。静岡県出身。東京帝大卒。著作に「動物系統分類の基礎」「きつつきの路」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内田亨
うちだとおる
(1897―1981)

動物学者。静岡県浜松市生まれる。1923年(大正12)東京帝国大学理学部動物学科を卒業。1928年(昭和3)にクラゲ類の研究で理学博士の学位を取得。その後、ドイツアメリカに2年間留学し、フリッシュおよびゴルトシュミットに師事した。1931年北海道帝国大学理学部に赴任し、1961年(昭和36)に定年退官するまで同大学教授として、腔腸(こうちょう)動物の系統の基礎を確立したほか、日本における動物分類系統学の開拓発展に努め、多くの学者を指導育成した。また、両生類の性転換、ミツバチ、イヌなどの感覚生理の研究も行った。北大名誉教授、日本女子大学教授を歴任した。1961年より没年までの21年間動物分類学会会長を務めた。また、昭和天皇の海産動物研究の相談役を務めた。監修・執筆の『新日本動物図鑑』(全3巻)、『動物系統分類学』(全20巻)などのほか、多くの著訳書がある。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内田亨の関連キーワード岡田要会田竜雄飯塚啓犬飼哲夫丘英通鏑木外岐雄合田得輔酒井恒白上謙一滝庸

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone