内薬司(読み)ウチノクスリノツカサ

精選版 日本国語大辞典の解説

うちのくすり‐の‐つかさ【内薬司】

〘名〙 令制における官の一つ。中務(なかつかさ)省に属し、宮中の薬、諸香の管理調合を職務とした。職員は正(かみ)、佑(じょう)、令史(さかん)各一人、侍医四人、薬生一〇人、使部一〇人、直丁一人。寛平八年(八九六)宮内省の典薬寮に併合された。ないやくし。
※令義解(718)職員「内薬司 正一人」

ないやく‐し【内薬司】

〘名〙 令制で、中務(なかつかさ)省に属し、宮中の薬、諸香の管理調合などをつかさどった所。うちのくすりのつかさ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android