コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内食 ウチショク

4件 の用語解説(内食の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐しょく【内食】

[名](スル)《「ないしょく」とも》家庭で食材を料理して食事を食べること。また、その食事。→中食(なかしょく)外食

ない‐しょく【内食】

[名](スル)
うちしょく(内食)」に同じ。
こっそり食事を取ること。内証で食事をすること。また、その食事。
「早々下タヘ来ると膳所に琴雅乙彦などいふ風流雄(みやびを)が―をきめてゐる」〈魯文安愚楽鍋

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ないしょく【内食】

( 名 ) スル
家庭内で調理して、食事をとること。また、その食事。外食や中食なかしよくに対していう。うちしょく。
こっそり隠れて食事をすること。また、その食事。 「 -をきめてゐるむかふの隅には/安愚楽鍋 魯文

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内食
うちしょく

自宅で食材を調理して食事をすること。飲食店など、自宅以外で食事をすることをさす外食に対していう。「ないしょく」とも読む。なお、自宅で食事をする場合でも、弁当や総菜などを購入して食べることは中食(なかしょく)とよんで区別する。
 内食をする家庭は、1985年(昭和60)ごろから減少傾向が続いていたが、2008年(平成20)のリーマン・ショック後の不況を反映して外食離れが進み、家庭で料理をして食事をしたり、晩酌をしたりする人が増加して、内食に一時的な回帰現象が起こった。ただし、買い物や調理方法では手間を省くことが重視され、調理にかける時間は減る傾向にある。また、包丁を使わなくても調理できるように下ごしらえのしてあるものや、材料に加えて炒(いた)めたり、温めたりするだけで調味が済むおかずの素(もと)の売上げが伸びている。
 さらに、従来は家庭での調理は、費用の節約や健康を意識したうえで行われることが多かったが、最近は若い世代を中心に、家庭で料理をすること自体を楽しむ人も増えている。「おうちごはん」や「弁当男子」などといった流行語も生まれている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内食の関連キーワード後蜀機内食強直極地植物剛直拭払当直奉勅遺嘱立小便

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内食の関連情報