調味(読み)ちょうみ

精選版 日本国語大辞典「調味」の解説

ちょう‐み テウ‥【調味】

① 食物に味をつけ調理すること。ちょうび。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※高野本平家(13C前)一「精進潔斎の道なれども、調味(テウミ)して家子侍共にくはせられけり」 〔鶡冠子‐泰鴻〕
② 詩歌などで、おもむきをととのえること。また、その風趣。ちょうび。
※俳諧・芭蕉葉ぶね(1817)「俳風の合がたく調味のともに異るところあればなり」

ちょう‐び テウ‥【調味】

〘名〙 =ちょうみ(調味)〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android