コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円勢 えんせい

4件 の用語解説(円勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

円勢
えんせい

[生]?
[没]長承3(1134)
平安時代後期の三条仏所円派の仏師。長勢の子または弟子。のち尊勝寺の造仏賞として法印に叙された。法勝寺をはじめとして祇園多宝塔,高野山大塔,白川九体堂,白河新阿弥陀堂など,京都の諸大寺を中心として仏像造顕に活躍し,のちの円派の強大な勢力伸長の基盤を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円勢 えんせい

?-1135* 平安時代後期の仏師。
長勢の子とも弟子ともいわれる。円派の祖。法勝寺,鳥羽(とば)証金剛院,尊勝寺などの仏像を制作し,康和4年法印となる。ほかに高野山大塔,法成寺などのおおくの造仏にたずさわったが,現存するものはない。天永4年清水寺の別当に任じられた。長承3年閏(うるう)12月21日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

円勢

没年:長承3.閏12.21(1135.2.5)
生年:生年不詳
平安後期の円派系仏師。長勢の子,または弟子と伝えられる。主に京都で活躍し,円勢以後「円」の字がつく仏師が多いことから,この系統は円派と呼ばれた(円派の始まり)。永保3(1083)年に法勝寺の造仏により法橋に任じられ,以後,祇園塔,鳥羽御堂,尊勝寺,高野山大塔,法成寺,白川新阿弥陀堂の造仏など,長勢没後の中央造仏界で指導的役割をはたした。康和3(1101)年には,鳥羽御堂において,造仏のほか柱絵を描いて法眼に叙されていることから,絵画にも長じていたと推測され,同4年の尊勝寺の造仏では,仏師として最高位の法印にまで上った。また清水寺の別当職を望み,永久1(1113)年に補任されたが,興福寺側の反対にあって断念せざるを得なかった事実は,彼の野心家としての一面を物語るとともに,当時の仏師の社会的地位の向上も示している。近年見出された仁和寺旧北院本尊の薬師如来檀像は,康和5年に円勢が長円を率いて造仏した貴重な作例である。<参考文献>谷信一「円勢法印考―木仏師研究の一節とし―」(『美術研究』30号),伊東史朗「仁和寺旧北院本尊・薬師如来檀像について」(『仏教芸術』177号)

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんせい【円勢】

?‐1134(長承3)
平安時代の仏師。長勢を継いだ円派仏師。1083年(永保3)法勝寺の造仏により法橋に叙せられる。長勢亡きあとは造仏界の第一人者として証金剛院,尊勝寺など,当時建立された主要寺院の仏像をすべて手がけ,1102年(康和4)には最高位法印にのぼっている。また野心家で,清水寺別当職を望んで一度は決まったものの興福寺大衆の反対によりあきらめざるをえないこともあった。作例は現存しない。【清水 真澄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

円勢の関連キーワード院覚院助院朝円派三条仏所長円長勢円信覚助(2)頼成

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone