コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長勢 ちょうせい

7件 の用語解説(長勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長勢
ちょうせい

[生]寛弘7(1010)
[没]寛治5(1091).11.9.
平安時代後期の仏師。定朝の弟子。康平7 (1064) 年広隆寺に現存の『日光・月光菩薩像』『十二神将像』を造立,治暦1 (65) 年法成寺金堂の造仏賞で法橋,延久2 (70) 年円宗寺金堂の造仏の功で法眼,承暦1 (77) 年法勝寺の『阿弥陀像』などの造仏賞で法印に昇叙。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうせい〔チヤウセイ〕【長勢】

[1010~1091]平安中期の仏師。定朝(じょうちょう)の弟子で円派の祖。法勝寺の造仏の功で仏師として初めて法印に叙せられた。広隆寺の日光・月光菩薩、十二神将像が現存。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長勢 ちょうせい

1010-1091 平安時代中期-後期の仏師。
寛弘(かんこう)7年生まれ。円勢の父。定朝(じょうちょう)の弟子。円派の始祖。法成(ほうじょう)寺,円宗寺,法勝(ほっしょう)寺の講堂・阿弥陀(あみだ)堂などの仏像をつくり,仏師ではじめて最高の法印にすすむ。寛治(かんじ)5年11月9日死去。82歳。京都出身。長成ともかく。作品に広隆寺の日光・月光菩薩(がっこうぼさつ)像,十二神将像など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

長勢

没年:寛治5.11.9(1091.12.21)
生年:寛弘7(1010)
平安中期の仏師。長成とも書く。定朝の弟子,円勢の父または師と伝えられる。定朝の嫡男である覚助と共に定朝没後の造像界をになった中心的な人物で,のちに京都三条仏所(円派)を開いた。その活躍は,天喜6(1058)年に焼失した法成寺復興事業に参加したことに始まり,その造仏により治暦1(1065)年に法橋に叙された。延久2(1070)年には円宗寺金堂の2丈の毘盧舎那仏薬師如来,および一字金輪,梵天,帝釈天,四天王の各丈六像を造って法眼となり,承暦1(1077)年には法勝寺講堂および阿弥陀堂の諸像制作の功で法印に上った。平安時代後期の正系仏師の作品はその記録のみで実作例は殆ど遺っていないが,現存する京都・広隆寺の日光・月光菩薩および十二神将像は康平7(1064)年に長勢が造った作品と伝えられ,その典雅で力強い作風は,藤原様式の大成者である定朝の直弟子として恥じないものといえる。<参考文献>小林剛「仏師法印長勢」(『日本彫刻作家研究』)

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせい【長勢】

1010‐91(寛弘7‐寛治5)
長成とも書く。平安中期の仏師で定朝の弟子。のちの三条仏所(仏所),円派の始祖とされる。1065年(治暦1)法成寺金堂造仏の功で法橋,70年(延久2)円宗寺の造仏の賞として,定朝の子覚助とともに法眼に叙せられる。のち覚助なきあとの定朝工房を支え,77年(承暦1)には法勝寺金堂,講堂,阿弥陀堂の造仏により,師定朝も達することができなかった僧綱最高位に当たる法印を与えられている。その後も公家の大寺院の造仏に従事し,法勝寺九重塔の仏像,常行堂の丈六阿弥陀像などを手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ちょうせい【長勢】

1010~1091) 平安中期の仏師。定朝の弟子。法勝寺造仏の功により法印にまですすむ。広隆寺の日光・月光菩薩・十二神将像を製作。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長勢
ちょうせい
(1010―1091)

平安中期の仏師。長成とも書く。三条仏所の始祖で、定朝(じょうちょう)の弟子。兼慶、円勢の父。1065年(治暦1)法成(ほうじょう)寺金堂造仏の功で法橋(ほっきょう)、70年(延久2)円宗寺の造仏により、定朝の子覚助(かくじょ)とともに法眼(ほうげん)に叙せられ、覚助なきあとの定朝工房を支え、11世紀後半における造仏界で第一人者として活躍した。77年(承暦1)には法勝(ほっしょう)寺金堂・講堂・阿弥陀(あみだ)堂の造仏の功で、師定朝も達しえなかった僧綱(そうごう)最高位の法印(ほういん)を与えられた。その後も公家(くげ)の大寺院の造仏に従事し、法勝寺九重塔の仏像、常行堂の丈六阿弥陀像などを手がけた。現存する唯一の遺作である1064年(康平7)の広隆寺日光・月光菩薩(がっこうぼさつ)、十二神将像からは、その典雅な作風がうかがえる。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長勢の関連キーワード慶派康尚三条仏所扶桑集仏所大仏師栄快円春覚助(2)興福寺仏師職

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長勢の関連情報