コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円載 えんさい

3件 の用語解説(円載の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円載 えんさい

?-877 平安時代前期の僧。
最澄に師事し,承和(じょうわ)5年(838)唐(とう)(中国)に留学。天台教義の疑問点について天台山の諸師より解答(「唐決」)をえて日本におくる。おなじく留学中の円珍とともに密教の灌頂(かんじょう)をうけた。在唐40年余ののち,元慶(がんぎょう)元年帰国の途中暴風雨で遭難死した。大和(奈良県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

円載

没年:元慶1(877)
生年:生年不詳
平安前期の天台宗の僧。大和国(奈良県)の人。最澄の弟子。承和5(838)年唐に渡り,天台宗の教義に関する疑義を天台山の学僧に呈し,解答を受けて日本に送った(『唐決』1巻)。皇帝宣宗の厚遇を受け,西明寺に住し,また紫袍を賜った。日本の朝廷に在唐留学の延期を申請して許可され,黄金を給された。その後,斉衡2(855)年には,円珍と共に青竜寺の法全より灌頂を受けた。元慶1(877)年,日本に帰国する途中暴風雨にあって船が難破し,溺死した。40年近くも唐で過ごした円載は,この間日本からの留学僧の世話をしたりしたが,破戒,悪行も多かったという。

(本郷真紹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんさい【円載】

?‐877(元慶1)
平安前期の天台僧。最澄の弟子。838年(承和5)入唐し,天台宗義に関する疑問50を天台山の高僧に呈して答釈を得,日本に送った。これが《唐決》1巻であり,初期日本天台宗の興隆に大きな役割を果たした。その後,彼は日中両朝の保護を得て修法につとめ,在唐すること40年,877年典籍数千巻を携えて帰国の途中,暴風のため溺死した。円仁や円珍に比べて,彼は非運の留学僧であった。【薗田 香融】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

円載の関連キーワード百如慈芳普門円通孝暢元三大師道邃行真慶耀慈宝昌海泰善(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone