コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

写真図 しゃしんず photomap

翻訳|photomap

2件 の用語解説(写真図の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

写真図
しゃしんず
photomap

写真地図ともいう。空中写真を張合せて地名などの注記,三角点などの基準点,さらには等高線,図郭,境界線などを記入し,地図にしたもの。多数の空中写真をそのまま張合せたものを略集成写真と呼び,その上に地名や境界などを記入して地図の体裁にしたものを略集成写真図と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

写真図
しゃしんず

何枚もの空中写真を貼(は)り合わせ、地名その他の必要な情報を加えて、地図のかわりに使えるようにしたもの。空中写真は、上空のある高さから撮影されるため、起伏のある土地では部分的に位置や形のずれやひずみを生じ、また撮影時のカメラの傾きによるひずみもあるため、そのままではうまく貼り合わせることができない。このため、器械を用いて空中写真の細かい部分ごとに、高さに応じてこれらのずれやひずみを修正しながら焼き付け、作成されるのが、正射写真図(オルソフォト・マップ)である。また、撮影カメラの傾きによるひずみだけを修正してつくられるものは偏位修正写真図(コントロールド・モザイク)といい、平地では地図のかわりに使うことができる。写真図は、地名などの情報量は少ないが、地表面の状態が写実的に示され、地図に比べて作成経費が安いという利点がある。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の写真図の言及

【写真測量】より

…第3に,実体写真の写真像の対応を計算で求め,三次元計測を自動的に行おうとする,自動図化の技術が研究されている。空中写真の像を微小単位ごとに地図座標に合わせて焼き付けなおし,等高線や注記などを加えて地図としたものを写真図というが,この写真図を作る装置では,自動的に標高を計測する装置が数種類実用化されている。空中写真リモートセンシング【平井 雄】。…

※「写真図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

写真図の関連キーワード銀塩写真空中写真航空写真写真測量モンタージュ写真写真家写真帳空中写真測量写真地質学集成写真

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

写真図の関連情報