冕冠(読み)べんかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冕冠
べんかん

(らいかん) の一種天皇がかぶったもの。推古 11 (603) 年に制定された冠位十二階によって決められた。唐制を模倣した冠で,冠の周囲に5色の飾り玉が垂れ下がり,玉冠天冠ともいった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

べん‐かん ‥クヮン【冕冠】

〘名〙 天子・天皇や皇太子が大礼の時に着用した礼冠。冠の上部に五色の珠玉を貫いた糸縄を垂らした冕板(べんばん)をつけたところからいう。冕。
※西宮記(969頃)一七「冕冠 〈略〉太子著九章冕冠也」 〔後漢書‐輿服志・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の冕冠の言及

【礼服】より

…《西宮記》によれば天皇冕服は,赤の上衣(女帝の場合は白)に日,月,星辰,山,竜,華虫(雉子(きじ)),宗彝(そうい)(酒器),の7章が,下衣の(ひらみ)には藻,火,粉米(ふんべい)(白米),黼(斧),黻(ふつ)(己形の相そむく形)の5章が五彩の糸で刺繡(ししゆう)されている。これを袞冕(こんべん)十二章と称し,頭には十二旒(りゆう)の白玉を垂下させた冕冠をかぶった。732年(天平4)正月,即位後の聖武天皇が初めて冕服を着用して受朝したとある。…

※「冕冠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる