コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冷腹 ひえばら

1件 の用語解説(冷腹の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひえばら【冷腹】

夜間など,腹部の保温が不十分なためにひき起こされる腹部症状をいう。寒冷刺激が自律神経を介して消化管の運動,分泌障害をひき起こし,腹部の冷感と下痢,腹痛などの症状をもたらす。ときに日常腹部の冷感を感ずる人がある。多くが腹部不快感,腹鳴,便通異常を伴っている。適宜な運動,皮膚の鍛練など自律神経の強化を図るとよい。腹帯,懐炉などによる保温も効果がある。【福富 久之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

冷腹の関連キーワード還元炎霜害浅ふ不十分片生り嫌疑不十分生揚生塗鉄盤層成年後見監督人

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone