コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出で来 イデク

デジタル大辞泉の解説

いで・く【出で来】

[動カ変]
内から出てくる。現れる。
「げにいとあはれなりなど聞きながら、涙のつと―・こぬ、いとはしたなし」〈・一二七〉
生まれる。
「いまだ皇子も姫君も―・きさせ給はず」〈平家・三〉
生じる。起こる。
「わろびたる事ども―・くるわざなめれば」〈帚木
巡り合う。でくわす。
「三月の一日に―・きたる巳(み)の日」〈須磨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いでく【出で来】

( 動カ変 )
出て、ここに来る。 「大君の命かしこみ-・来れば/万葉集 4358
現れる。 「象-・きてその山をこしつ/宇津保 俊蔭
発生する。生まれる。 「国高安の郡に、いきかよふ所-・きにけり/伊勢 23
出くわす。巡り合う。 「風も吹かずよき日-・きて漕ぎゆく/土左」
可能である。うまくできる。 「もし能よく-・れば、勝つ事は治定あるべし/風姿花伝」 〔中世以降「でく」となる。「できる」の祖形〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出で来の関連キーワード習わす・慣わす布引き・布引沓引き・臥機畳六・調六清げ・浄げ打ち付け事くねくねし凍み氷る傍ら痛し飽きたし一方一方苛らがす生夕暮れ戦いの庭うすすく騒がしい賢しらふつと溢れ者宗宗し