コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出湯温泉 でゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出湯温泉
でゆおんせん

新潟県中北部,阿賀野市にある温泉。空海が開いたという華報寺 (けほうじ) の門前に宿が並ぶ。泉質は単純泉。泉温は 39~40℃。胃腸病や神経痛によく,療養客が多い。華報寺の境内にある共同浴場は薬湯として親しまれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出湯温泉
でゆおんせん

新潟県阿賀野(あがの)市にある温泉。五頭(ごず)連峰西側の山裾(すそ)に位置し、五頭連峰県立自然公園に含まれる。古くから湯治場として知られる静かな温泉だが、新潟市から直通バスが通じ、日帰り行楽地となっている。周辺に瓢湖(ひょうこ)、五頭山、県民の森、ゴルフ場などが点在するところから、それらへの基地にもなっている。JR羽越(うえつ)本線水原(すいばら)駅からバスで20分。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

出湯温泉の関連情報