コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分収造林 ぶんしゅうぞうりん

3件 の用語解説(分収造林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分収造林
ぶんしゅうぞうりん

林地所有者,投資者,造林実施者の3者あるいは2者が共同で植林を行い,伐採時の収益を土地,資本,労働力の各生産要素に基づき一定比率で分配する方式。林業経営は長期にわたるため,リスクを分散し安定化をはかることを目的として 1958年に制度化された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

分収造林

青い森農林振興公社が手がける分収造林は、県内の約1万200ヘクタール。これは県森林の1・6%にあたる。成長の早い針葉樹としてスギ8割、ほかにアカマツクロマツなどが植えられてきた。木を切って売った収益は基本的に、公社に6割、持ち主に4割が入る仕組みだ。木が育つまでには時間がかかる。そのため、契約期間は50年や60年と、長期になる。この間、公社は木を育てるための経費を、県や農林漁業金融公庫から借金してまかなう。公社にはこの間、間伐材を売って得られる、借金に比べればわずかな収入しか入らない。

(2008-02-11 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分収造林【ぶんしゅうぞうりん】

地代の支払形態が,伐期に達した立木を地主・造林者間で一定歩合で分収する形をとる借地造林。分益制林業とも。このうち借地林業は地主・造林者とも民間,部分林は地主が国で造林者が民間,官行造林県行造林)は地主が町村で造林者が国(県)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

分収造林の関連キーワード分収育林分収林制度分収林青い森休日フリーパスせとせやくらいビール青い森鉄道線官行造林地森林整備公社分収林事業

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone