コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分留/分溜 ブンリュウ

4件 の用語解説(分留/分溜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐りゅう〔‐リウ〕【分留/分×溜】

[名](スル)分別蒸留(ぶんべつじょうりゅう)」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

分留【ぶんりゅう】

分別蒸留の略。蒸留を何回も繰り返して沸点差の小さい液体混合物を分離する方法。蒸留に際し,気相のほうが液相より低沸点成分に富むので,生成した蒸気を絶えず除去すると次第に液相に高沸点成分が濃縮される。
→関連項目分別結晶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんりゅう【分留 fractionation】

蒸留を何回もくり返して,沸点の差の小さい液体の混合物から純粋成分を分離する操作。分別蒸留または精留ともいう。くびの長いフラスコで蒸留をくり返しても行えるが,ふつうは分留管または精留管とよぶ図のような特殊な装置を蒸留フラスコの先に連結して蒸留を行う。その際,分留管内では,おのおのの段階で単一蒸留が連続的にくり返されていると考えることができる。すなわち,気相は液相よりも低沸点成分に富むため,上昇するにつれて各段ごとに,流下してくる新しい液相との間に平衡が成立してさらに低沸点成分に富み,最後に上端から純粋な低沸点成分だけが留出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の分留/分溜の言及

【蒸留】より

… なお,還流を行いながら蒸留を繰り返す分離操作を特に精留rectificationと呼ぶが,工業的には蒸留といえばほとんどの場合精留を意味する。また,適当な温度間隔をもって2種以上の成分の留出液を分け取る蒸留法を分留fractional distillationという。
[蒸留装置]
 上述のように蒸留方法には回分蒸留と連続蒸留とがあり,工業的には後者が主として用いられ,前者は実験室で主として用いられている。…

【蒸留】より

… なお,還流を行いながら蒸留を繰り返す分離操作を特に精留rectificationと呼ぶが,工業的には蒸留といえばほとんどの場合精留を意味する。また,適当な温度間隔をもって2種以上の成分の留出液を分け取る蒸留法を分留fractional distillationという。
[蒸留装置]
 上述のように蒸留方法には回分蒸留と連続蒸留とがあり,工業的には後者が主として用いられ,前者は実験室で主として用いられている。…

※「分留/分溜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone