コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分別結晶 ぶんべつけっしょう fractional crystallization

6件 の用語解説(分別結晶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分別結晶
ぶんべつけっしょう
fractional crystallization

溶解度のわずかに異なる2成分以上の溶質を,繰返し再結晶法を使って分離する方法。A,Bなる2成分の混合物の溶液を蒸発などにより一部結晶にすると,結晶は溶解度の低いAを溶液より多く含む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんべつ‐けっしょう〔‐ケツシヤウ〕【分別結晶】

混合溶液から、各溶質の溶解度の差を利用して析出・溶解を繰り返し、各成分を結晶化して分離・精製する方法。分別晶出

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

分別結晶【ぶんべつけっしょう】

分別晶出とも。再結晶系統的に繰り返して固相と液相との間に新しい分配を作り,溶解度差の小さい物質を分離する精製法。通常の化学的方法では分離しがたい塩類(希土類元素の塩など)の分離に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんべつけっしょう【分別結晶 fractional crystallization】

再結晶を系統的にくり返して固相と液相との間に新しい分配を成立させ,溶解度差の小さい物質を分離する精製法。ふつう図に示すような方法で,原料物質の溶液をほぼ等量ずつの溶質(ないし液底体)を含む部分に分ける操作をくり返す。図でSは固相,Lは液相を,0,1,2,3,……は分別結晶の各段階における各相を示す。1/2,1/3などの数値は各段階で両相に分配されるべき溶質の割合,太い黒矢印は新たに溶媒を添加,破線矢印は飽和溶液を固相から分離,白矢印は飽和溶液から固相を分離,→は液相を区分することを示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんべつけっしょう【分別結晶】

二成分以上の性質の類似した溶質を含む溶液から、わずかな溶解度の差を利用して各成分を分離精製する操作。混合溶液を濃縮あるいは冷却して析出した結晶を分離し、これを再び溶媒に溶解させた溶液と、残りの母液のそれぞれについて同じ操作を繰り返し行う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分別結晶
ぶんべつけっしょう
fractional crystallization

溶解度がわずかに異なる溶質を段階的に結晶化して分離する方法。混合溶液から最初に析出する結晶は、より難溶性の成分が相対的に濃縮され、母液にはより易溶性の成分が相対的に濃縮される原理による。時間と手間のかかる操作のため、他の分離法が発達した現在ではあまり利用されないが、歴史的にはプロメチウムを除くすべてのランタノイドがこの方法で分離されている。
 多成分系混合溶液の温度・圧力の変化に応じて平衡定数が変化し、溶解度が小さくなった物質から順次結晶化が進行する過程をいうこともあり、マグマから岩石が生成する過程がこれに相当する。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分別結晶の言及

【結晶分化作用】より

…この場合,マグマから晶出した結晶がマグマと化学反応を起こすと,その反応の程度や時期によって,結晶の組成もマグマの組成もいろいろに変化する。これを分別結晶作用fractional crystallizationと呼んでいる。ボーエンは,マグマというものは結晶作用の際に結晶と液との間に種々の反応関係を示す反応系であると考え,晶出する結晶と残液との間に種々の程度に分別が起こり,そのために反応の進行の程度に違いを生じ,このことがマグマの分化作用の最も本質的に重要な原因であると主張して,これを反応原理と呼んだ。…

※「分別結晶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分別結晶の関連キーワード吸着融点液相面逆包晶分解熔融点偏晶反応包晶点包晶反応メタテクティックワークマン‐レイノルズ機構

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone