コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

列車電話 れっしゃでんわ

百科事典マイペディアの解説

列車電話【れっしゃでんわ】

列車内にいる人が通話するために設置される電話。列車と基地局は無線通信で結ばれ,基地局交換装置を介して一般の加入電話と通話できる。日本では1956年近畿日本鉄道の特急電車に設置されたのが最初で,1960年には国鉄(現JR)東海道本線の特急列車にも設置され,現在は新幹線の全列車に設置されている。
→関連項目電話

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れっしゃでんわ【列車電話 train mobile radio telephone】

鉄道沿線に適当な間隔で無線基地局を配置し,公衆電話網と運行中の列車内の電話設備間を無線接続する通信方式を列車電話という。列車電話にもいくつかの方式があるが,例えば東海道および山陽新幹線で用いられている列車電話では,東京・博多間約1100kmの沿線上に59基地局とトンネル内対策設備を設け,400MHz帯の電波を用いて無線通信を行っている。各列車内の電話設備は,運転指令用の2回線と公衆電話用および業務電話用の6回線からなり,多重通信によって基地局に接続されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

列車電話の関連キーワード移動体通信無線電話

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android