コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初っ切り しょっきり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

初っ切り
しょっきり

相撲用語。余興としておもしろおかしく演じられる取組のこと。いろいろな珍手を披露し,禁じ手をやって取り直しを繰り返し,最後はぶつかり稽古のようになって終わる展開が普通である。「草結び」ともいい,花相撲地方巡業,引退相撲などで行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょっ‐きり【初っ切り】

相撲で、前夜祭花相撲、地方巡業などの余興に行う滑稽(こっけい)みのある相撲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょっきり【初っ切り】

花相撲や巡業の余興として演じる滑稽な取組。
物事の初め。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

初っ切りの関連キーワード巡業[相撲]栃錦清隆大銀杏

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初っ切りの関連情報