コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四十八手 しじゅうはって

5件 の用語解説(四十八手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四十八手
しじゅうはって

相撲技 (わざ) の代名詞。相撲の勝負で勝ったときの技の決まり手四十八手とは「数多い手 (技) 」の意味。『源平盛衰記』が初出で,限った数の相撲手ではない。室町時代の『節用集』に「四十八手と申し候へども 百手ばかり御座候」とある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しじゅうはっ‐て〔シジフハツ‐〕【四十八手】

相撲で勝負をきめる技の総称。古法では、頭による反り、手による捻(ひね)り、腰による投げ、足による掛けの四手に、それぞれ12種の変化があるとする。現在、日本相撲協会は、82種を決まり手と定めている。→決まり手
目的をとげるための、種々の手段・駆け引き。「セールスの四十八手を尽くして売り込む」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

四十八手【しじゅうはって】

相撲の決り手の総称。江戸中期に相撲のルールが整備されたときに,1年四季十二候にちなんで,頭で行う反り,手で行う捻(ひね)り,腰で行う投げ,足で行う掛けの4技にそれぞれ12手を配して作られたものという。
→関連項目初切

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しじゅうはって【四十八手】

相撲の技の決り手の総称。古く《源平盛衰記》に四十八手の文字をみるが,これは〈数多い手〉という意味で,限った数の相撲手ではない。土俵の起源と同様に,江戸中期に布告された職業相撲の禁令を解くために,相撲ルールがつくられた。そのとき,四十八手の数に当てはめて,古くから伝わる技を分類し,投げ,掛け,反り,捻りの基本技を12手ずつ制定した。しかし元禄時代(1688‐1704)には,手さばき82手,手くだき86手,まがいの12手を加えるなど,各地の行司家によって,さまざまの名称があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しじゅうはって【四十八手】

相撲の決まり手の総称。数多くの技があるところからいう。実際の技の数は時代により異なるが、現在日本相撲協会がまとめているところでは八二手ある。
あることをするための様々な手段や駆け引き。 「商売の-」
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四十八手の関連キーワード泉川大逆手盛衰記矢柄投げ張手《参考源平盛衰記》小手ひねり反り手伝え反り撞木反り

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

四十八手の関連情報