コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初番目物 しょばんめもの

世界大百科事典 第2版の解説

しょばんめもの【初番目物】

能の分類名。江戸時代神男女狂鬼の五番立(1日の番組編成基準に基づく分類法)を正式としたときの初番に置かれるで,神のたぐいを主人公(シテ)とし,治世,国土,豊穣等を祝福あるいは予福する曲。《高砂》《弓八幡》《鶴亀》《難波》《竹生島》《西王母》など約40曲。〈脇能〉ともいう。また,現在は四番目物の《雨月》(宮人に住吉明神が憑(つ)く),《巻絹》(巫女に神が憑く)や,現在は五番目物である《春日竜神》《国栖(くず)》を略初番目として置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の初番目物の言及

【能】より

…それが江戸時代になると,式楽として四座一流に平等に割りふるという理由もあってか,一日5番の五番立てが正式の番組となった。この五番立ての番組編成のために,各演目は脇能物(初番目物(しよばんめもの))から五番目物までの5曲籍に配された。曲籍は,番組編成の指針であると同時に,演目の分類ともなっているし,また演出の大まかなめどともなる。…

※「初番目物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

初番目物の関連キーワード能現行曲一覧西王母(能)夢幻能脇能物玉井謡曲

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android