コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巻絹 マキギヌ

世界大百科事典 第2版の解説

まきぎぬ【巻絹】

能の曲名。四番目物。作者不明。シテは巫女(みこ)。勅命で1000疋の巻絹が熊野権現に納められることになり,国々から運ばれたものを受け取るために,廷臣(ワキ)が熊野に派遣される。京都からの上納品を携えた男(ツレ)は,熊野に着いてまず音無天神(おとなしのてんじん)に参詣するが,咲き匂う冬梅に目をとめ,一首の和歌を心の中で天神に手向ける。さて巻絹を納めに行くと,期日を過ぎていたので,廷臣の従者(アイ)に縛られてしまう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まきぎぬ【巻絹】

能の一。四番目物。熊野へ巻き絹を奉納する都の男が、途中、音無の天神へ立ち寄って遅れたかどで縛られる。すると天神が巫女みこに乗り移って都の男を救い、祝詞のりとをあげて神楽かぐらを舞う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

巻絹
まきぎぬ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。熊野(くまの)へ巻絹を奉納する男(ツレ)が、途中の音無(おとなし)天神に参詣(さんけい)して遅くなったため、監督の勅使(ワキ)に縛られてしまう。天神ののりうつった巫女(みこ)(シテ)が登場し、縄を解くように命ずる。神託を疑う勅使に、巫女は、男が天神に捧(ささ)げた和歌を語って、和歌の徳を説き、激しい神がかりの状態のなかで熊野権現(ごんげん)の神威を示す。祝詞(のっと)をあげ、神楽(かぐら)を舞う、中世の時代相を舞台に映した能。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

巻絹 (マキギヌ)

植物。クモノスバンダイソウの園芸名

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

巻絹の関連キーワード立ち回り・立回り桜間 金太郎バンダイソウ加賀の巻絹染谷 宗孝増田正造初番目物ノット神語り勅使植物下足謡曲

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巻絹の関連情報