コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初鹿野昌次 はじかの まさつぐ

1件 の用語解説(初鹿野昌次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

初鹿野昌次 はじかの-まさつぐ

?-1624 戦国-江戸時代前期の武将。
武田信玄・勝頼(かつより)父子につかえる。永禄(えいろく)4年(1561)信玄の命によって初鹿野の名跡をつぐ。使番十二人衆をへて,足軽大将,侍大将となった。天正10年武田家滅亡後は徳川家康につかえた。寛永元年11月15日死去。享年は81歳とも,84歳ともいう。本姓は加藤。通称は弥五郎,伝右衛門。名は昌久とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

初鹿野昌次の関連キーワードコックス寛永ソテロ福島正則歌舞伎年代記佐渡金山東海道二条城人形浄瑠璃久松氏

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone