コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

別峰大殊 べっぽう だいしゅ

1件 の用語解説(別峰大殊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別峰大殊 べっぽう-だいしゅ

1321-1402 南北朝-室町時代の僧。
元亨(げんこう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。義南,孤峰覚明(こほう-かくみょう)にまなび,霊岳法穆(れいがく-ほうぼく)の法をつぐ。伊勢(いせ)(三重県)の清水寺,河内(かわち)(大阪府)の光通寺,紀伊(きい)和歌山西光寺などの住持となる。後亀山天皇から大珠円光国師の号をうけた。応永9年8月2日死去。82歳。周防(すおう)(山口県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

別峰大殊の関連キーワード元亨アンカラの戦バヤジト[1世]建文帝難太平記北条随時ダンテの墓元応居酒屋タクシー永楽帝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone