別峰大殊(読み)べっぽう だいしゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

別峰大殊 べっぽう-だいしゅ

1321-1402 南北朝-室町時代の僧。
元亨(げんこう)元年生まれ。臨済(りんざい)。義南,孤峰覚明(こほう-かくみょう)にまなび,霊岳法穆(れいがく-ほうぼく)の法をつぐ。伊勢(いせ)(三重県)の清水寺,河内(かわち)(大阪府)の光通寺,紀伊(きい)和歌山の西光寺などの住持となる。後亀山天皇から大珠円光国師の号をうけた。応永9年8月2日死去。82歳。周防(すおう)(山口県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android