利益相反取引(読み)りえきそうはんとりひき

  • りえきそうはんとりひき〔リエキサウハン〕

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

会社と取締役利益が相反する取引。具体的には自分が所属する会社や組織に不利益を与える一方、自分または第三者に利益をもたらす取引のこと。なお、会社法365条により、取締役は自分または関連する第三者と、自分が所属する会社・組織とので取引を行なうには取締役会承認が必要となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

取締役が、忠実義務に違反して、会社の利益を犠牲にし、自己または第三者の利益を図るような取引。取締役が会社と取引する場合(直接取引)と、会社と第三者との取引によって利益相反が生じる場合(間接取引)がある。こうした取引を行う場合は、取締役会株主総会で承認を受ける必要がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

会社の取締役が,当事者または第三者の代理人・代表者として会社と行う取引をいう。この取引は会社の利益を犠牲にして取締役が自己または第三者の利益を図るおそれがあるため,取締役はこの取引を行うにあたり株主総会または取締役会に当該取引についての重要な事実を開示してその承認を得なければならず,会社に損害を与えた場合には損害賠償責任を負う。取締役が会社の事業部類に属する取引(競業取引)をしようとする場合にも同様の手続きを要する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android