利益相反取引(読み)りえきそうはんとりひき

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

利益相反取引

会社と取締役利益が相反する取引。具体的には自分が所属する会社組織に不利益を与える一方、自分または第三者に利益をもたらす取引のこと。なお、会社法365条により、取締役は自分または関連する第三者と、自分が所属する会社・組織との間で取引を行なうには取締役会の承認が必要となっている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

利益相反取引【りえきそうはんとりひき】

会社の取締役が,当事者または第三者の代理人・代表者として会社と行う取引をいう。この取引は会社の利益を犠牲にして取締役が自己または第三者の利益を図るおそれがあるため,取締役はこの取引を行うにあたり株主総会または取締役会に当該取引についての重要な事実を開示してその承認を得なければならず,会社に損害を与えた場合には損害賠償責任を負う。取締役が会社の事業の部類に属する取引(競業取引)をしようとする場合にも同様の手続きを要する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android