前納

保険基礎用語集「前納」の解説

前納

保険料の支払方法の一です。一般的に年払いや半年払いをまとめて支払うことを指します。保険会社としては預かった前納保険料を払込時期が到来するまで運用することができるため、一定利率で割り引きします。この利率のことを前納割引率といいます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

精選版 日本国語大辞典「前納」の解説

ぜん‐のう ‥ナフ【前納】

〘名〙 前もって納めること。期限のくる前に納めること。先納
※官板バタビヤ新聞(1862)文久元年七月晦日「其前納する者には特に其利息を算して之を除く可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「前納」の解説

ぜん‐のう〔‐ナフ〕【前納】

[名](スル)前もって納めること。期限の前に納めること。「代金を前納する」⇔後納
[類語]納入予納全納分納納める納まる納付上納納金入金払い込む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android