コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剣の巻 つるぎのまき

世界大百科事典 第2版の解説

つるぎのまき【剣の巻】

平曲の曲名。大秘事3曲の一つ。神代より皇室に伝わる宝剣に草薙剣(くさなぎのつるぎ)がある。素戔嗚(すさのお)尊が出雲に下り,簸(ひ)の川上に赴いたときに,泣いている老夫婦がいたのでわけを尋ねると,頭も尾も八つある大蛇に娘がのまれそうなのだという(〈中音(ちゆうおん)〉)。尊は哀れに思い,策を巡らして大蛇を酒に酔わせて退治した。そのとき,尾から出たのが叢雲剣(むらくものつるぎ)で,それを天照大神に奉ったが,のちに天孫がこの国に下ったときに,宝鏡に添えて渡された(〈中音〉)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

剣の巻の関連キーワード土蜘蛛(能)名数小辞典丑の時参りマキノ雅広茨城童子宇治橋姫土蜘蛛平曲三曲宗論

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android