コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剽盗 ヒョウトウ

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐とう〔ヘウタウ〕【×剽盗】

人をおどして金品や衣類を奪い取ること。また、その人。
「畜群が―どものために一匹残らずさらわれて」〈中島敦李陵

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうとう【剽盗】

おいはぎ。剽賊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の剽盗の言及

【戦争犯罪】より

…日本では,戦時犯罪または戦時重罪と呼ばれてきた。戦争犯罪に該当するものとしては,従来の分類に従えば,(1)交戦国の兵力に属する者による戦争法規の違反,(2)兵力に属さない者による敵対行為,(3)一方の交戦国の権力内で,その国への忠誠義務を負わない者(敵国や中立国の国民,仮装した軍人)がその国に害を与えまたは敵を利するために行う行為,すなわち戦時反逆,(4)スパイ行為,(5)戦場で軍隊につきまとい,略奪,窃盗,戦利品の剝奪等を行う行為,すなわち剽盗があげられる。これらの行為のうち,戦時反逆,スパイ行為は戦争法により直接禁止されている行為ではない。…

※「剽盗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

剽盗の関連キーワード戦争犯罪

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android