コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

剽窃 ひょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

剽窃
ひょうせつ

他人の著作から,部分的に文章,語句,筋,思想などを盗み,自作の中に自分のものとして用いること。他人の作品をそっくりそのまま自分のものと偽る盗用とは異なる。元来,日本には「本歌取り」の伝統もあり, (ひょうせつ) に対する罪悪感は希薄であったと考えられるが,最近は著作権に関する意識の高まりもあって,重視されるようになった。しかし,道義上はともかく,剽窃を法律的に判定することは依然として難しいのが実情である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐せつ〔ヘウ‐〕【×剽窃】

[名](スル)他人の作品や論文を盗んで、自分のものとして発表すること。「他人の論文を剽窃する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうせつ【剽窃】

( 名 ) スル
他人の作品・学説などを自分のものとして発表すること。剽賊。 「他人の意匠を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剽窃の関連情報