コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉墉 りゅうようLiu Yong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

劉墉
りゅうよう
Liu Yong

[生]康煕58(1719)
[没]嘉慶9(1804)
中国,清の政治家,書家。山東省諸城の人。字は崇如,号は木庵,石庵,青原,日観峰道人など諡 (おくりな) は文清。宰相,劉統勲の長子。乾隆 16 (1751) 年進士。翰林院 (かんりんいん) に仕え,体仁閣大学士となり宰相にいたった。学識高く詩文に長じ,書をよくした。清の帖学派において張照と並ぶ大家として名高い。その書は豊麗のなかに高雅な気韻を蔵し,『清愛堂石刻』『曙海楼帖』などに集刻されている。真跡は元の何中の詩『早起』 (京都国立博物館) など遺例が多い。また詩集『劉文清公遺書』『文清公応制詩』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうよう【劉墉 Liú Yōng】

1719‐1804
中国,清代中期の書家。字は崇如,号は石庵。山東諸城の人。東閣大学士劉統勲の長子。乾隆16年(1751)の進士編修,体仁閣大学士となった。経史百家に通じ,詩文をよくし,題跋に巧みであったが,とりわけ書法を得意にした。その書風は豊満で,筋骨を内に秘め,情味をたたえた格調の高いもの。漆のごとき濃墨を用いたため,濃墨宰相の称がある。清朝帖学(じようがく)派の大成者としてその評価は高い。《劉文清公遺集》などの著がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


りゅうよう
(1719―1804)

中国、清(しん)代中期の政治家、書家。山東省諸城の人。東閣大学士、劉統勲の長子。字(あざな)は崇如(すうじょ)、号は石庵(せきあん)。1751年(乾隆16)進士に合格。翌年翰林(かんりん)院に入り、97年(嘉慶2)体仁閣大学士を経て宰相となった。経・史・諸子百家に通じ、詩文をよくし、とりわけ書法を得意とした。初め家風を受けて趙子昂(ちょうすごう)を学んだが、のち蘇軾(そしょく)、董其昌(とうきしょう)を、晩年には北朝の碑版に心を寄せ、一家をなした。とくに小楷(しょうかい)に優れ行草にも長じ、豊麗で気骨を内蔵し、高雅な情趣をたたえた独特の書風で珍重された。好んで濃墨を用いて重厚さを出したため、濃墨宰相の称があり、帖学(じょうがく)派の雄と仰がれる。詩集『劉文清公遺集』『応制詩集』があり、ことに論書七絶の『学書偶成』30首が著名である。[角井 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

劉墉の関連キーワード翁方綱王文治青原嘉慶

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android