コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

劉家峡 りゅうかきょうLiú jiā xiá

2件 の用語解説(劉家峡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうかきょう【劉家峡 Liú jiā xiá】

中国,甘粛省中部の蘭州市の南西にある永靖,臨洮,東郷族自治県の3県にわたる大峡谷で,黄河上流部峡谷の一つ。1974年に水利センターが完成した。ダムの堰堤高147m,貯水量57億m3,ダム湖の面積は130km2あまり,発電能力122万kWに達する大型ダムで,しかも下流の塩鍋峡,八盤峡のダムと階段状ダム群を構成,黄河の洪水調節と発電に貢献している。また劉家峡ダム人造湖をさかのぼると炳霊寺(へいれいじ)石窟まで船が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

劉家峡
りゅうかきょう / リウチヤシヤ

中国、黄河上流の峡谷。甘粛(かんしゅく)省蘭州(らんしゅう)の南西、臨夏(りんか)回族自治州の中央部、(とう)河、大夏(だいか)河が流入する付近をいう。黄河上流は狭窄(きょうさく)な河道と安定した岩盤をもつ峡谷が連続し、水位の落差も大きく、また黄土地帯を通過する中流以下に比べて砂泥含有量が少ないため、1958年青銅峡ダムの建設が着手されたのをはじめとして、劉家峡、塩鍋(えんか)峡、八盤峡に相次いで総合的開発を目ざす多目的ダムが建設され、現在竜羊(りゅうよう)峡にも建設が進んでいる。なかでも劉家峡ダムは、第一次五か年計画の一環として計画され、64年着工し74年完成した。高さ147メートル、長さ840メートル、容量57億立方メートルと、黄河流域で最大の規模をもつダムで、発電能力も116万キロワットと水力では最大を誇り、西北地区の各地へ電力を供給している。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の劉家峡の言及

【甘粛[省]】より

…なお,伝統工芸品として,祁連山脈の玉石を原料とした酒泉の〈夜光杯〉などの玉製品や天水の漆製品が知られている。黄河の蘭州上流にある劉家峡には,長さ840m,高さ147mのダムが建設され,1225MWの出力を有する大型水力発電所と上流へ65kmもひろがる大人造湖がある。 交通面では解放後の鉄道建設にめざましいものがあり,蘭州を中心にして,陝西,河南地方から遠く黄海の連雲港にまでのびる隴海鉄道,北西の新疆地方への蘭新鉄道,北は内モンゴルの包頭(パオトー)への包蘭鉄道,西の青海省西寧にのびる蘭青鉄道がみられ,1995年には蘭新鉄道の武威~ウルムチ間の複線化が完成した。…

※「劉家峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone