コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力久辰斎 りきひさ たつさい

1件 の用語解説(力久辰斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

力久辰斎 りきひさ-たつさい

1906-1977 昭和時代の宗教家。
明治39年10月28日生まれ。神道実行教教会長の父辰三郎の跡をつぐが,昭和22年佐賀県多久村で独自に善隣会を立教する。「おすがり」の秘儀で北九州を中心に勢力をのばし,35年本部を福岡県筑紫野にうつした。昭和52年9月29日死去。70歳。佐賀県出身。
【格言など】心は運命の製造者にして,生活は運命の製造所なり(悟りの言葉)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

力久辰斎の関連キーワード児童雑誌冤罪磁鉄鉱系列日活(株)坂東三津五郎連珠永江智明松崎しげるボクまろ三元触媒システム

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone