コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

力久辰斎 りきひさ たつさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

力久辰斎 りきひさ-たつさい

1906-1977 昭和時代の宗教家。
明治39年10月28日生まれ。神道実行教教会長の父辰三郎の跡をつぐが,昭和22年佐賀県多久村で独自に善隣会を立教する。「おすがり」の秘儀で北九州を中心に勢力をのばし,35年本部を福岡県筑紫野にうつした。昭和52年9月29日死去。70歳。佐賀県出身。
【格言など】心は運命の製造者にして,生活は運命の製造所なり(悟りの言葉)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

力久辰斎の関連キーワード10月28日昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android