加藤千浪(読み)かとう ちなみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「加藤千浪」の解説

加藤千浪 かとう-ちなみ

1810-1877 幕末-明治時代の国学者,歌人。
文化7年11月19日生まれ。江戸にでて岸本由豆流(ゆずる)に国学をまなび,書にもすぐれた。維新後,歌名がたかくなり,門人もおおかった。明治10年11月18日死去。68歳。陸奥(むつ)白河(福島県)出身。通称は弥三郎,弥助。号は荻園(おぎぞの)。編著に「冠註大和物語」,歌集に「荻園歌集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android