コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀象眼 かがぞうがん

3件 の用語解説(加賀象眼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀象眼
かがぞうがん

金沢地方で行われた金属工芸の一種。繊細な金属象眼で草花や虫類の文様を表わした。一名,鐙 (あぶみ) 象眼と呼ばれ,もと鐙に加工した象眼が刀の鐔 (つば) や小道具などに応用されはじめてから有名になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かが‐ぞうがん〔‐ザウガン〕【加賀象眼/加賀象×嵌】

江戸初期に、加賀国で発達した象眼。京都から伝わったもので、文様を平象眼したうえに、糸象眼で細い線をのせる特徴がある。刀の小柄(こづか)や鐔(つば)に用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加賀象眼
かがぞうがん

加賀国(石川県)に発達した象眼。主として(ひら)象眼と糸(いと)象眼の手法を用いたもので、ことに平象眼した文様の上に、細い線で糸象眼する点に特色がある。草花や虫類などの文様を品格をもって華麗に表してもてはやされた。桃山時代末期に京都の装剣金工が前田侯に招かれて加賀に移り、始められたもので、小市、勝本、辻(つじ)などの家系が代々その技を伝えた。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加賀象眼の関連キーワード伊勢間芋煮会籤的名古屋音頭焼け金餅貰唄慶州民俗工芸村金属工業田中貴金属工業東海金属工業

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone