加賀象眼(読み)かがぞうがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加賀象眼
かがぞうがん

金沢地方で行われた金属工芸の一種。繊細な金属象眼で草花や虫類の文様を表わした。一名,鐙 (あぶみ) 象眼と呼ばれ,もと鐙に加工した象眼が刀の鐔 (つば) や小道具などに応用されはじめてから有名になった。安土桃山時代末期に京都の象眼工が加賀に移住して始めた。おもな流派に,辻,勝木小市などの諸家があり,江戸時代を通じて栄えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かが‐ぞうがん〔‐ザウガン〕【加賀象眼/加賀象×嵌】

江戸初期に、加賀国で発達した象眼。京都から伝わったもので、文様を平象眼したうえに、糸象眼で細い線をのせる特徴がある。刀の小柄(こづか)や鐔(つば)に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加賀象眼
かがぞうがん

加賀国(石川県)に発達した象眼。主として平(ひら)象眼と糸(いと)象眼の手法を用いたもので、ことに平象眼した文様の上に、細い線で糸象眼する点に特色がある。草花や虫類などの文様を品格をもって華麗に表してもてはやされた。桃山時代末期に京都の装剣金工が前田侯に招かれて加賀に移り、始められたもので、小市、勝本、辻(つじ)などの家系が代々その技を伝えた。[小笠原信夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android