動物性集合胚(読み)ドウブツセイシュウゴウハイ

デジタル大辞泉の解説

どうぶつせい‐しゅうごうはい〔‐シフガフハイ〕【動物性集合×胚】

動物の人間細胞を注入したもの。たとえば特定の臓器を作ることができないブタの胚に人間のiPS細胞を導入し、これをブタの子宮移植することで人間に由来する臓器を作ることができると考えられている。
[補説]平成13年(2001)に施行されたクローン技術規制法では移植臓器の基礎研究に限り集合胚の作製が認められているが、胚の成長は14日間までに制限され、また人間や動物の子宮への移植が禁止されている。再生医療への応用を進めるため、平成25年(2013)、日本政府の生命倫理専門調査会が集合胚の作製と子宮への移植を容認した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

動物性集合胚

動物の受精卵分割が始まって生命の芽となった状態の胚に、人間の細胞を注入して作る。クローン人間づくりを規制するために2001年に作られた法に基づく指針では、動物性集合胚は移植用臓器を作る基礎研究に限って作成が認められているが、胚を実験室で育てられるのは14日間までで、人間や動物の子宮に戻すことは禁じられている。

(2013-06-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物性集合胚の関連情報