コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝川春好 かつかわしゅんこう

3件 の用語解説(勝川春好の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝川春好
かつかわしゅんこう

[生]寛保3(1743).江戸
[没]文化9(1812).10.28. 江戸
江戸時代中・後期の浮世絵師。勝川春章の門人。姓は清川,名は伝次郎。役者絵,役者の大首絵相撲絵などを描く。 45歳頃中風をわずらったため左手で描き,左筆斎と号する。主要作品『中村仲蔵石川五右衛門』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日日本歴史人物事典の解説

勝川春好

没年:文化9.10.28(1812.12.1)
生年:寛保3(1743)
江戸後期の浮世絵師。本姓は清川氏,俗称伝次郎。勝川春章門下の俊秀で,明和(1764~72)後期から寛政(1789~1801)前期にかけて,春章風を体現した細判役者絵や,東洲斎写楽に先行する役者大首似顔絵を発表した。寛政中期ごろ中風にかかって右手の自由を失い,以降は左筆で晩年まで作画を続けた。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勝川春好
かつかわしゅんこう
(1743―1812)

江戸中期の浮世絵師。勝川春章(しゅんしょう)の門人で、役者絵を得意とした。本姓を清川氏、俗称は伝次郎といい、江戸・長谷川町に居住したといわれる。春章門下では最古参で、師と同じく壺(つぼ)形の印を用いたので小壺ともよばれた。作画期は安永(あんえい)年間(1772~81)より没年ごろまでに及ぶと考えられるが、1787、88年(天明7、8)ごろ中風を病んでからは左筆で作画をした。春好の役者絵は細判(ほそばん)がもっとも多いが、大判に独特な迫力をもつ名作が多い。[永田生慈]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の勝川春好の言及

【勝川派】より

…江戸時代の浮世絵の一流派。源流は宮川長春を祖とする宮川派に発し,長春の孫弟子勝川春章に始まる。版画では似顔絵と呼ばれる写実的な役者絵,相撲絵を得意とし,半身像の大首絵,さらには大顔絵など,対象に近接した描写形式を開発し,明和~寛政期(1764‐1801)の役者絵界を風靡(ふうび)した。また肉筆画を専門とした宮川派の伝統を引き,この派の画家には肉筆画の名手が多い。勝川派の流れはさらに北斎の葛飾派へと受けつがれた。…

【役者絵】より

…勝川春章と一筆斎文調がその功績者であり,両者合作の《絵本舞台扇(ぶたいおうぎ)》(1770)は記念碑的作例として知られる。さらに春章門下の勝川春好,勝川春英(勝川派)らにより,大判錦絵の役者半身像〈大首絵(おおくびえ)〉形式が考案され,その延長線上に鬼才東洲斎写楽が登場する。 写楽は,1794年(寛政6)の夏狂言に取材して28枚の役者大首絵を発表,彗星のように浮世絵界にデビューするが,翌年初春の作品を最後に消息を絶ってしまった〈謎の浮世絵師〉である。…

※「勝川春好」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勝川春好の関連キーワード初代歌川国貞歌川豊麿鳥居清次藤麿籟堂葛飾北洋菊川派勝川春好(初代)葛飾為斎詮茂

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone